川俣シルクフェスティバルに向けて